セルフコンパッションのワークを体験いたしました!

こんばんは 水月ひなたです。
昨日 セルフコンパッションのワークを体験いたしました。

私は 1年半ほど前に 新垣玄龍さんから マインドフルネス認知療法の8週のワークを学びました
そのアフターケアではありませんが 更に 学びを深めていくという形で マインドフルネスを育てる倶楽部を玄龍さんが開催されたので 参加いたしました。

今回のテーマは
「セルフコンパッション」

セルフコンパッションとは?
自分に向ける「やさしさ」のことで 自分自身のありのままの感情とつながり そのまま受け入れるというもの
 

「自己肯定感をあげる」ことも大切だけど

最初に「自己受容が大切」じゃない??と常々思っていた私には ぴったりの学び!

 

セルフコンパッションには 3つの要素があって
① 自分への優しさ
② マインドフルネス
③ 共通の人間性

自分への優しさは 他者との評価によって自分を肯定するのではなく
自分の存在そのものを認めてあげる 


マインドフルネスは そのまま受け止める

共通の人間性は 人は不完全さは だれしもあてはまる

これらを意識して瞑想を行って 自分の感情をただ受け止める
否定も肯定もしない 浮かんでくる感情や思考に意味を考えない
ただ その感情、思考を見守るだけ

このワーク 幸せホルモンを呼ばれる オキシトシンが増えるというエビデンスもあるそうです!

1時間のワークでしたが あっという間でした。
今やっているマインドフルネス瞑想 セルフコンパッションもプラスしていきたいと思いました。

来月のマインドフルネス瞑想会では セルフコンパッションをやってみたいと思ってます

ラジオでも語っております(笑) よければこちらも!

セルフコンパッションについて ゆるーく語っております。 自己肯定感が叫ばれておりますが それよりも自己受容が大事ではないの??と 昨年から思ってまして  自分を…
stand.fm